36歳独身女性結婚したい方必見!出会い(婚活)〜結婚まで道筋

36歳から婚活をしても結婚はできないと諦めていませんか?
36歳からでも婚活のやり方さえ知れば結婚はできます。
女性の場合、35歳を過ぎると結婚だけでなく出産リミットがギリギリです。自分がこれからどう生きていくのかも含めて、今までの考えから抜け出す事も必要です。36歳独身である自分を冷静に考えた時、これからどのように恋愛や婚活をしていくべきなのか迷うことの方が多いでしょう。

たくさんの男女の婚活をアドバイスしてきましたが、「今までの自分を捨て切れていない」「もういいか」と諦めに似た感情で「とりあえず婚活しておけば周りもワイワイいわないだろう」程度にしか考えていない方が多いように感じます。

確かに結婚年齢は上がってはいますが、35歳以上で未婚の人の多くは「夢を追いかける事を選んだ」人か「やむえない事情で結婚のタイミングを逃してしまった」人です。

本気で「結婚したい」気持ちがあるのなら、「とりあえず婚活」する上から目線は終わりにしましょう。

36歳独身が、本気で結婚を望むのであれば1年内に決める強い気持ちを持つこと。
自分が社会の中で置かれている現状を見つめ、どのように活動していけば良いのかを詳しく紹介していきます。

36歳の厳しい現実と未婚率・年収

36歳 平均
既婚率 75.95%
未婚率 24.05%
36歳年収 479万円

36歳にもなると、70%近くに人がすでに既婚者で、未婚女性は30%未満。

まだ周りには独身がいるし・・・の言い訳もできなくなってきます。

特に容姿が劣っているわけでもなく、キャリアやスキルもあるのにどうして結婚できていまいのでしょうか。

女性の場合、35歳を境に「超高齢出産」が頭を過りだす36歳には、恋愛より仕事に生きた方が良い、今さら恋愛に溺れるのは馬鹿馬鹿しいと思い始めます。
と同時に焦りもどんどん強くなり、「自分の何が原因」で恋人がいないのか「別れてしまったのか」を冷静に判断しにくいもの。

半分は「仕方ない」と諦めてしまったり「ここで恋をもう一度」と思ったり、恋に対して夢と現実が平行ではないのだとようやく納得する年齢かも知れません。

この年齢まで独身の人は、精神的にも若々しく「まだ私はイケる」と思いがちです。
確かに、年下の男性からもキャリアも経済力も安定し大人の魅力を備えた女性はキラキラしてみえます。

また一回り上の成熟した男性からは、女性としての魅力だけでなく人間としても円熟味を感じるので、その気になればチャンスはたくさん転がっているわけです。恋愛を楽しむには、男性を立てると同時にウイットがあり下ネタも軽くかわせる余裕が必要です。

若い女性のようにブリッコで、相手を魅了するより「敵わないな」と男性が白旗を上げるようなイイ女になること。

焦っている女性ではなく、余裕のある会話や所作というものは「なんでこんな素敵な女性が一人なんだろう」「よほど仕事が出来る女性に違いない」「こんな女性なら家庭に入っても素晴らしい妻になる」と印象つけやすいもの。安売りをしない、自分らしい恋愛を見つける事が婚活や結婚に繋がります。

出会いの場はたくさんある!チャンスを逃さないこと

出会いの場はたくさんある!チャンスを逃さないこと
36歳になると既婚者からの誘いも多く、独身男性よりも落ち着いた既婚者にフラッとよろめく事もあります。

管理職についていれば、クライアントの中にも独身男性はたくさんいますし、会話のチャンスもあるはずです。彼氏はいると思われてしまいやすい年齢でもあるので、会話でそんな話題がでたら「仕事に夢中でご縁がないんです」とサラッとアピールしましょう。
出来る女性は注目されやすいので、どこから縁が舞い込むかわかりませんよ。

新しい事を始めて視野を広げると恋のチャンスも

友達も結婚してしまうと、休日は一人で過ごす過ごす事が増えてきます。

疲労もなかなか抜けなくなるので、休日には家でゴロゴロして過ごし外出する時間も減りやすいかも知れません。よい恋愛をする為には、自分磨きにエンジンをかけるべき。今からでも料理教室や英会話など、出来るだけ生活に密着した習い事を始めましょう。

料理教室には、独り暮らしの男性の参加者も多いので、出会いのチャンスもぐんと高くなります。
大人のたしなみとして、華道や茶道など所作を美しくするものや、精神的を鍛える書道も良いでしょう。

内面から輝くような趣味を持つことで、女性としてのスキルをアップしながら異性からも魅力があると思われるように努力を惜しまずに。

心の歪みが身体にも出やすい時期

36歳独身は心の歪みが身体にも出やすい時期

36歳独身だと回りからは「オバサン」のレッテルを貼られる年齢でもあり四捨五入でアラフォーに突入する36歳になると太りやすく痩せにくい身体にもなります。

気がついたら贅肉がお腹回りにもついていた・・・これが36歳の現実です。
精神を鍛える事で、いつまでも美しくキレイでいることはできます。

無理なダイエットに走るより、現状維持の為にも健康の為にも自分の体型の変化を受け入れましょう。多少はふっくらしても、キビキビした動きや姿勢の良さはスマートに見えます。
ここで何もせずにダラダラ過ごせば、恋愛に対してもダラダラとしてしまいます。
メンタルと身体のバランスをしっかりとキープして恋するボディを手に入れること。特に結婚と妊娠を諦めていない人は、身体作りも若い時以上に厳しくやりましょう。

36歳からの婚活は現実をしっかりと見据えること

29歳独身の方の特徴
管理職につく女性が増えてきた事や、一生涯の仕事を見つけるために転職をするのが当たり前の時代です。
男性だけでなく、女性も一人立ちして生きていく流れから結婚年齢自体が年々高くなってきました。アラサーやアラフォーの未婚率も増加していますが、出産を考えるとデメリットの方が多くなっています。現実的に高齢出産になるとは理解していても「結婚して子供が欲しい」と望む人もたくさんいます。

今は不妊治療も格段に進歩しているので、高齢でも妊娠出産は可能ですが20代の時のように、理想だけをもったままの婚活を始めても、うまくいくわけはありません。
幾ら美容に気をつかって見た目を若く繕っても、年齢は隠すことはできず相手にはダイレクトに伝わります。

年齢を告げた途端に、デートに誘われなくなった、連絡が取れなくなったと悩む内は婚活は見た目と考えている証拠。自分が望むように、相手も同じように子供を望んでいれば少しでも若い女性を選ぶもの。

それを「男性は幾つになっても若い女性が好き」と捉えるのではなく、「大人の婚活には何が必要か」「どんな結婚観を持つべきか」を冷静に考えましょう。割りきりではなく、考え方を変えてみる事が婚活をスムーズにしていきます。

結婚は何の為にするのか考える時期

結婚=子供を生んで育てると未だに考えている人は多いと思います。だからこそ、恋愛感情だけでなく家族として一生を共にし、子供を育てていくパートナーとして婚活する人が多いのです。
現実的に、36歳から婚活を始めて、より良いパートナーと巡りあえても妊娠出産がすぐに出来るわけではありません。35歳を境に、妊娠率は下がり障害児リスクだけが高くなります。

そう考えると「子供が欲しい」結婚だけでなく、残りの人生をより良い時間にすることを考えてパートナー選びをすべきではないでしょうか。

確かに「心から愛する人と共に生きる」事が結婚で、その延長に子供のいる家庭があります。
結婚して子供を生むことをゴールすると、愛情が薄れた時や小さな躓きで離婚を選ぶことになります。
家族とはお互いを信頼しあい、愛情に溢れた時間を過ごすもの。ままごと遊びを楽しめるのは子供だけです。大人になれば苦悩する時間の方が増えるので、それを夫婦として乗り越えられる強さも必要です。

愛情の上に信頼や支えあいがある。社会的にも長く仕事をしていれば「世の中は簡単に思い通りにならない」事も身に染みているはず。
だからこそ安易に「子供が欲しい」「寂しい」だけで婚活しても上手くはいかないのです。現実を見据えながら「自分にとっての幸せはなにか」を考える事が大切ではないでしょうか。

子供がいる事が結婚ではない


多くの女性は結婚して子供を生み育てたいと願うもの。
かですが現実的に、不妊症で治療をしても授からずに夫婦で生きていく選択をする人達もいます。

子供がいない分、夫婦での時間を大切にしたり自分自身のキャリアアップに費やす、ボランティア活動で他人の子供を育てる事に携わる事もできます。大人だから出来る楽しい時間をつくる為に結婚を考えて婚活を考える事も考えるべきかも知れません。

また自分の子供を諦めるなら、相手に子供がいる相手を選ぶことも視野に入れましょう。他人の子供は愛せない、自信がないと思うかも知れませんが、子供は生まれた時から個としての人生を歩んでいます。

一人立ちするまでの手助けをするのが親の努めであり、自分の敷いたレールにのせるものではありません。分別のある大人だからこそ、子供と結婚を一度切り離してみる事も大切ではないでしょうか。

36歳からのパートナー選び

若い頃は、夢も大きいので理想も高く出来るだけ自分の条件をクリアした相手を探します。

ですが36歳にもなれば、物質的な条件だけで相手を判断するのではなく「精神面で大人である」異性を探すべきです。未だに勝ち組になりたい・・・そんなプライドだけを振りかざしても幸せにはなれません。大人の婚活は、精神面で成熟しているか二人で更に高みを目指せるかが大切です。

36歳からはアピールポイントは大人としての品格を!


どんなに美しく若い女性も歳を取りますから、いつまでも見た目や若さをアピールしてもイタイ女にしか見えません。大人としての品格を持っている人は、見た目の美しさではなく内面の美しさで輝くからです。年齢より若く見せたところで、歳は誤魔化しが効きませんから物理的な若さではなく「大人の品格」を武器にする事です。豊富な知識や会話術はもちろんですが、礼儀作法や家事も出来ないようではお粗末です。

経済観念がしっかりしていて、貯蓄する能力も結婚してから家計を任せられるかのポイントにもなります。精神的な自立も含めて、一人でなんでも出来る事も大人の成熟度の高さを現します。年齢では若い女性には叶いませんが、経験の面では遥かに上であるはず。いつまでま少女気分で王子さまを待っていても、幸せな結婚には繋がりません。年齢が高くなれば、条件は低くなる事を現実として受け止めて補う以上の大人の品格を身に付けることです。

36歳の方で結婚したいなら結婚相談所


仲人がセッティングしてくれるような結婚相談所であれば、条件や気持ちをくんで相手に伝えてくれますし36歳からの婚活には適しています。自力で探すことが難しくなってしまう年齢は、いっそ仲人に任せてしまう婚活も考えていくべき。

同時に、自分の家庭的なスキルを磨きながら色んな場所にでむき人間性を高めることも考えていきましょう。

早く結婚したいなら結婚相談所!結婚相談所のメリットとは?

  • 結婚したい男女が集まってきる
  • 恋愛が苦手でもそんな方でも婚活のプロがサポートしてくれる
  • ネットなどの出会いなどは抵抗がある方は安心
  • 結婚詐欺には合わないから安心
  • 再婚や熟年の方専門の相談所があるから安心
  • 婚活のプロがアドバイスしてくれる
  • 自分のモチベーションが高くなる

合コンや出会い系のアプリと違い、真剣に結婚を考える独身の男女が集まるので「良い縁を結びたい」真剣さが違います。

適齢期を過ぎたからと不安にならなくても、婚活のプロが自分に立場に立ちながら最良の形でサポート、大人の婚活でも結婚相談所を利用すれば必ず良縁に恵まれますし、結婚を考えていない人と無駄な時間を過ごす事もありません。

費用がかかるし、ミスマッチな結婚相談所を選んでしまったら・・・などの不安もあるかもしれませんが、大切な婚活時間はお金にはかえられませんし慎重に選ぶことも婚活の成功につながります。

結婚相談所で、自分の結婚観を再認識したり考え方を変えることで良縁が舞い込むことも多いのです。縁がないなら、自分からチャンスをつかみにいくとこも考えるべき。

本気で結婚したい、幸せを掴みたいならまずは一歩踏み出しましょう。

  1. 結婚相談所を無料で10社一括見積もりができるズバット結婚サービス

    ズバット結婚サービス
    ズバット結婚サービス
    「ズバット結婚サービス比較」の特徴
    • 1年以内に結婚したいを実現したい方はおすすめ
    • 今まで結婚できないことに悩んでいた方
    • 細やかなサービスで適した相手を紹介
    • 一人一人専門のコンシェルジュがいる
    • カウンセリングに時間をかけ、本気の出会いを応援
    • コーチングインタビューで深い人柄も理解してくれる
    • 婚活に集中しやすくなる
    • 一方的な婚活はいたしません

    ズバッと結婚サービスは大手の結婚相談所の中でも、優良企業16社の資料が一括請求。婚活を始めるにあたり、自分の予算や希望に合った結婚相談所を比較しながら選べます。

    もちろん個人情報は、しっかりと保護されるので他人に知られずに登録ができます。結婚相談所って信用できる?入会するにはどうしたら良いのか分からない人も、比較する事で自分が選びたい相手がいる相談所を見つけられます。

    堅苦しいイメージはまったくありませんし、信頼度が高いところだけを選抜しているので「知らない結婚相談所は不安」な気持ちもサポートします。

    結婚コンシェルジュが親切にカウンセリングをし、一人一人に適したプランを提案してくれるので、初めての婚活成功率も高くなります。

    「ズバット結婚サービス比較」はこんな方におすすめ
    • 結婚できる恋人が欲しい
    • プライベートに充実感が欲しい
    • 結婚相談所選びに悩む
    • 自分でパトナーを探したい
    • 他人が入るには気が進まない
    • 人に結婚相談所を探してる事を知られたくない
    • 大手の結婚相談所を比較検討したい
    • 初めての婚活に不安がある